工場で働く多くはバイト!多くの人がシフトで働く

流れ作業のラインで働くこと

工場でのバイトの主な作業が物を作ったり、商品の仕分けたりと仕事が多いですが、内容としてはどちらかというと単純作業が多いです。例えば自動車の組立工場でバイトをすると、製造のラインに組み込まれて、流れてくる半製品に部品を加えていくという同じ作業を何回も繰り返しておこなうことになります。ただその流れ作業も慣れてくると流れるスピードも速くなるために作業も急いでおこなう必要があります。そのスピードが工場にとっては重要で、出来上がる個数が左右されて、それにより製品原価も変わります。

単純作業であるが体力作業

また食品工場でもそのような流れ作業で盛り付けをおこなって商品を作っていく作業ももちろんありますが、できた商品を仕分けして、それぞれの店舗ごとに必要な商品を必要数だけを準備する作業もあります。この場合には、商品自体、いろいろなところにおいてあるために、必要な商品を取りに行ったりと足をつかった作業になります。しかし工場のバイト作業のほとんどが体力作業といってもいいぐらいです。ラインに入って流れ作業をするにしても、同じ動作であったり、中腰であったりと場合によっては体力勝負になることもあります。

効率よくバイトを配置して工場を動かす

工場のバイトでは中高年の女性の方も多くいます。そのぐらいの年齢になったらデスクワークをするよりも、体を動かすバイトを選択する人も多く、年齢とともに体を動かさなくなるために、バイトで体を動かしてお金が入るという一石二鳥の気持ちで働いている人もいます。しかし、工場内の作業においては工場側も体力が必要な作業はできるだけ若い人を担当させたりと、効率よく働けるように考えています。また、採用するバイト人数も工場としてはフル回転を前提としているために、多くのバイトを採用して働ける曜日や時間を考慮してシフト制で配置しています。

全国的に、工場の求人はたくさん出ています。必ず満足できるように、応募要項に記されている条件を十分に把握しましょう。