転職を決意するキッカケは多くあり、その3選

家庭の事情は多いものです

会社に入社する時には誰もが、この会社で一生働いて生活をしていこうという決意をしているものです。ところが入社した時の年齢が18歳から22歳くらいですから、両親も健在で、独り立ちに応援して見守ってくれる時代なのです。ところが、20年を過ぎて40代に入るころには元気だった親も隠居生活に入ってきます。今度は、自分が両親のことを見守る時代に代わり、立場が逆転して親元で生活をすることを考えて転職を決意する人が増えてきます。

人間関係の嫌気は多いものです

会社勤めは組織で働くために、年齢は10代から60代まで幅があります。学生時代は精々前後3歳程度の人間関係で付き合っていたので、自分の両親やそれ以上の歳の人と一緒に仕事をしなければなりません。5歳離れれば価値観は変わるので、行動や言葉遣い、考え方の違いに戸惑いが起きるのは当然のこととなります。それが、20も30もの隔たりの中で毎日仕事をするのですから、人間関係がこじれてくるのは当たり前で、上司の一言で転職を決意するものです。

会社に見切りをつける

入社した時には、素晴らしい将来性のある会社に採用されたと感激するものです。希望に胸を膨らまして早く仕事を覚えようと張り切るものです。ところが、仕事を覚えるに従って会社の実態が分かってきます。自分が行っている歯車の仕事が組み合わさって、会社の全貌が見えてくるようになります。希望を持っていた夢と大きくかけ離れている会社の事業とのギャップに悩むようになります。こうなると、仕事は身に入らず転職に頭は切り替わっていきます。

営業の転職サイトには、大手の企業の求人がたくさん集まることがあり、営業経験が豊富な求職者からの申し込みが増えています。