飲食店のアルバイトに受かるために知っておきたいコツ

飲食店には働く魅力がある

飲食店は私達の身近に溢れているお店です。居酒屋やレストランだけでなく、カフェやファストフードなど多様な種類があるのがとても魅力的ですよね。こうした場所であるバイトをする場合、面接で何に気を付ければ良いのでしょうか。最も大切な事は、自分の資質にあった部署を希望する事です。飲食店と言ってもキッチンやフロアなど多様な仕事が存在していますので、自分の性格とスキルを考えて希望するようにしましょう。内気な人が接客のアルバイトを受けるのは危険です。

シフトの融通がとても大切

飲食店と言えどもアルバイトに受かりたい場合、雇用主が「使いやすい」と思ってくれるポイントを押し出しましょう、例えばどのような職場でもフルタイムで土日も勤務できる人の方が人材として重宝されます。例え基本的に一日5時間勤務のアルバイト先だったとしても、フルタイム勤務では入れる人の方がシフトを組みやすいのです。また突然病欠などが入った場合、代打で出てもらえる点がとても便利です。他にもキッチンのアルバイトを希望する場合、最低限の調理スキルを身につけておきましょう。

飲食店で気を付けたいマナー

どのような面接でも受ける場合服装や清潔感には気を付けますが、飲食店では何よりも重要なポイントです。もしも不衛生な従業員を雇ってしまった場合、そこからお客様に食中毒などが移ってしまう危険性があるのです。また病気を持っていないとしても、従業員の印象が悪いためお客様からお店が避けられてしまう可能性もあります。食品を出す場所ではとにかく身奇麗にしておく努力が欠かせません。もしも飲食店の面接を受ける場合、髪形を整えるだけでなくきちんと爪を短くして臨みましょう。

飲食店の求人の特徴としては、正社員であれば管理職員の求人がなされ、非正規雇用の形であれば、ホールスタッフや調理スタッフの求人が多いということがいえます。