保育士の毎日って!?保育士の毎日の仕事内容を紹介!!

保育士の午前中の仕事内容

子供と関わり、子供の成長を見守ることができる保育士の仕事はとても人気がありますよね。実際、保育士の毎日の仕事内容を知っている方は少ないと思います。そこで、この記事ではそんな保育士の一日の仕事の流れを紹介します。午前中は、子供が登園する前に園の清掃や準備をします。朝の登園では子供の様子に異変はないかチェックします。園によって内容は異なりますが、朝の体操や、遊び、お出かけなどを行います。近隣への散歩は安全に配慮します。

保育士の午後の仕事内容

昼食の時間になったら、昼食の準備を行い、子供たちに手洗いやうがいをさせます。子供たちと食事の楽しさを味わいながら、楽しく食事を進めていきます。午後には子供たちがお昼寝をする時間があるので、パジャマに着替えさせ、布団をしき、子供たちが寝付くまで本の読み聞かせなどを行います。子供たちがお昼寝をしている間に保護者への連絡帳を書いたり、片づけなどを行います。お昼寝が終わったらおやつの時間になるので、衛生面に注意しながらおやつを配膳します。

保育士の夕方の仕事内容

夕方になると、保護者がお迎えに来る時間になるので、室内や外で自由に遊ばせます。保護者が子供を迎えに来た際は一日の子供の様子を伝えてあげます。保護者の仕事の都合で延長保育がある子供はその後もみんなで集まって遊びます。全員が降園したら、最後に園の中の片づけや清掃、戸締りなどを終えて一日の勤務が終了となります。保育士の一日の仕事の流れはこのようになりますが、季節のイベントや演奏会など四季折々のイベントがある場合にはその準備もあります。

保育士の求人は保育園以外でも子供が遊ぶ室内遊具施設でも募集している所があります。子供たちが安心して遊べるようには保育士は必要な人材です。